非上場(大会社)の場合

株式の評価に関しては上場企業の場合では市場にて判断されることが基本とされており、売買される各項目によって異なる性質を持っていることになります。上場企業の場合では株式分割などを行ってより資産を増やすことを目的にしている状態も見られますが、市場にて毎日価格変動することになるために、投資家によって売買されている状態が続いています。そんな中、株式会社でも非上場企業というものがあります。このタイプの会社でも大会社に分類されている企業の場合では、その株価の価値が分かりにくい一面を持っています。しかし、類似業種比順方式というものが用意されていて、その項目によって株式の価値が算定されることが行われています。簡単に言うならば、類似企業の株価を見る方法が選択されており、課税時期に該当する期間の配当額、1株当たりの得ることができた利益、1株当たりの純資産価格などを鑑みて判断されることが一般的になります。上場企業の情報に関しては、公表されているものになるために、例えば非上場企業の株式について相続などが行われることがある場合では、目安として利用することができます。会社保有資産の含み益に関しては該当しないことも一般的になります。

コメントは受け付けていません。