上場株式と非上場株式で評価が違う

国内には株式会社として運営されている企業が多数存在しており、その運営に関しては大きな影響を与える部分として、株式の発行と取り扱い方法によって異なる一面を持っています。上場株式の場合では、上場を行っている市場によって売買が行われており、その評価額は基本的に毎日変動することになります。多くのケースで企業の実績と評価によって決定されている部分が強く、逆に言えば体力の無い企業の場合では低い額面に推移することになります。その一方で非上場株式の場合では、一般的な方が株式を得ることは難しい状況にあります。したがって評価の方法が明確にされていない一面を持っていますが、実際にはその方法には取り決めというものが存在しています。大企業の場合では、同業種の水準を基本として算定することが行われていて、既に公表されている算定法を見て判断されることが一般的になります。小会社の場合では会社の売上げや資産などを明確にした上で算定されることになり、負債なども算定の基準とされています。その間の中会社に関しては大会社と小会社の両方の基準を合わせて算出することになり、常に正しい判断によって株式の価値というものが判断されることになり、相続などを行う際にも原則として同じ内容で決められています。

コメントは受け付けていません。